知っているようで知らないことなど

自分で車を保有しているのであれば、車検もあるし、タイヤ交換、バッテリー交換等、本当にお金もかかるし大変です(お金はもちろん時間的にも)カーシェアリングにすればそういった維持費が全く入りません。
でもカーシェアリングを実施しているところがまだまだ少ないというのも原状としてあるのです。
現在ではカーシェアリングってまだまだ普及率及び認知度は低いみたいです。
もっと認知度が高まればもっと沢山のコインパーキングにカーシェアリング用の自動車がおかれているはずです。
なぜカーシェアリングの認知度が低いのかなと考えたらまず、カーシェアリングを実施しているマンションなどの集合住宅が少ないことと、そもそも車を保有してない人が車に乗ろうとするとレンタカーの方が認知度が高いのでレンタカーを借りてしまうからだと思います。
コインパーキングに”カーシェアリング制度があります”って看板にかいてあったのだけれど、そもそも車を持ってない人がコインパーキングの看板なんてあまり見ないと思います。
今現在車を保有している人がパーキングに止めたとき、もし車を手放したらカーシェアリングを利用してみようかな思うくらいでしょう。
それでも自分の住んでいるところからコインパーキングが遠かったら、やっぱりり利用しないと思います。
少なくても最低歩いて5分以内くらいのところにコインパーキングがないと絶対不便ではないかと思います。
でも最近住宅街の中にコインパーキングが増えてます。
最近住宅街の中にコインパーキングが増えたのはきっと、更地にしておくと固定資産税が高いからというのも理由のひとつだろうけど、駅まで5分くらいの住宅街の中だったら結構需要があるみたいです。
だからその近所に住んでいる人たちはカーシェアリングしやすいと思います。
実際、住宅街にあるコインパーキングはカーシェアリングを実施しているところが結構あるようです。